秋の紅葉 悠創の丘

秋の紅葉 悠創の丘
09 11月
6:30

20141105_054640840_iOS

赤の色も深まり、いよいよもって秋の行楽シーズンとなってきましたこの頃
その一方で、風邪を召し易くなってくる時期ですので、ご注意ください。
編集者のオギーです。

さて、秋といえば読書、運動、食欲などなどいろいろな秋があるとはされますが、
私はもっぱら観賞の秋とでも言いましょうか。
色付いてきた木々を見て回るのが楽しみでございます。

そこで、今回は芸術工科大学の裏手にあります「悠創の丘」にて
秋の色をご紹介したいと思います。

20141105_054002172_iOS

山形市内が一望できますこの丘、中央駐車場よりあがりましてすぐのところは、
このような広い芝生になっており、時折子供が遊ぶ姿も。
学生が時々リフレッシュに来たりもしています。

私が撮影に行きました時も、たくさんの人で賑わっていました。

さて、こんな広々とした丘ですが、すこし登るとすぐに森や林が見えてまいります。
昼間にもかかわらず、夕暮れを思わせるような木洩れ日は、
丘を上がって少々切れた息を鎮めてくれるようです。

20141105_052255546_iOS

悠創の丘は、南北に延びる形の構図をしていますが、今回は北側に向かって行ってみます。

すこしこの道を歩きますと、左右には石垣や小道、田んぼの跡など
かつてここでの生活ぶりを思わせるような風景があります。

20141105_052623042_iOS

20141105_052450772_iOS

ところどころには竹林があったり、とても背の高い木々が群生していたりなど、
森の中ならではの、入り混じった自然を見ることが出来ます。

 

日が傾いている訳でもないのに、このような森独特の薄暗い中を歩いていると、
なにかに包まれたような不思議な心地がしてきてしまいます。

もしそのような気分になられたら、是非、すこし足を止めてみてください。
歩く度に鳴る枯葉の音がやむと、辺りから様々な雰囲気を感じるはずです。

鳥の声、枯れ葉の落ちる音、虫の飛ぶ影、木々の揺れなど
普段感じることない、落ち着いた心地になれるはずです。

20141105_053005470_iOS

11月も半ば、このような行楽はいかがでしょうか。
寒くなってくる時期ですから、防寒対策はしっかりとしてお出かけください。

以上、悠創の丘からの記事でした。

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です