おひとりさま初心者 その1

クリスマスを孤独に乗り切ったと思ったら年末寒波で心身ともに暴力的な寒さに晒されていますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

年始から立派なお一人様として夜の街に繰り出すべく、年末はおひとりさまトレーニングということで山形駅前にておひとりさまデビューをしてまいりました。

おひとりさまがブームではありますが、女性のひとり飲みって憧れるけどやり方がわからない、お店独自のルールがあったら心配、女性が一人で出かけていってどうやってお店での時間を過ごすの?一歩踏み出せない理由がたくさんあると思います。

このコーナーではそんなおひとりさま初心者のために、おひとりさま初心者が、おひとりさま初心者でも入りやすいであろうお店を紹介していきます~。

今回行ってきたのは、山形駅から徒歩5分ほどのおでん屋さん「おでんたぬき」です。

IMG_0613IMG_0614

 

暖簾が昔ながらっぽい~レトロな店構えに緊張が高まります。

そして一見さんお断りの看板がないか確認(笑)

IMG_0608IMG_0602

「おでんたぬき」といお店の名前が如く、狸グッズで溢れる店内。

おひとりさまでも入りやすいお店といえばやっぱりカウンター席があること。

カウンター席はやっぱり一番端が人気ですから、座る前は常連さんの座る予定がないかどうかをそっと確認できればばっちりです。

「おでんたぬき」にはメニューは壁に張り出されているもののみなので、キョロキョロしつつ生中をご注文。困ったときの一杯目は「とりあえずビール!」が魔法の呪文♪

ママが一人で切り盛りしているので、女性のお客さんもやや多い気がします。

IMG_0603IMG_0599

お通しは菊のポン酢和えとマヨネーズ添えのブロッコリーにお手製の漬物、実家っぽくてちょっとほっとしてしまいます。

よく不安に思われがちな、ひとり飲みって何をしていればいいの?という疑問にはお店が答えてくれます。

横のハジメマシテのお客さんと二言三言言葉を交わすのも楽しみのうち、そんなに忙しくなければママを中心にお隣のお客さんとの会話が飛び交います。

それでもお店が混雑してきたときはそっと遠慮をしましょう。早めのお店が空いている時間を狙って行ってあげると喜ばれますよ。

IMG_0605IMG_0600

 

おでんがぐつぐつ煮えていておいしそう~!!

モチ巾着は事前予約必須らしく今回は食べられず・・・モチ巾着ファンは要予約です!!

あまりにも私が残念がるのでおっきなウィンナーをサービスしてくれました・・・皮がパリパリでからしとも愛称抜群です。

普通の巾着と大根、厚揚げ豆腐を注文しました。あったまる~~!!ビールが減ってないのは二杯目だからですね!!

IMG_0609IMG_0611

 

そしてそして!!

「おでんたぬき」に行ったらこれを食べなきゃ損!!女の子はきっと大好き!絶対食べて~~~!!

その名も、『温トマト』

トマトをおでんのお汁で湯剥きしてくれるんです。

あったか~くなったトマトをおいしいおでんのお出汁と一緒にいただくんですが、和製ミネストローネみたいで〆にぴったりです。

最初はプレーンでいただきますが、バジルや粉チーズ、カレー粉などでトッピング自由自在。

私はバジルと粉チーズをかけていただきました(>ω<)

 

一人だとちょっと、という方は最初はお友達と行ってママさんに「今度はひとりできてもいいですか?」と聞いておくと次回行きやすくなると思います。

最近の人はあまり飲み歩かない、と聞きますが一人だとハジメマシテでその場でサヨウナラな一期一会のチャンスがぐっと増えます。

ぜひぜひ勇気を出して夜の街に繰り出してみてください。

素敵な出会いがありますように!!

 

ではまた次回。

 

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です