来年の年初めには

こんにちは。やまがたごえん編集部の豊田です。

最近はめっきり冬も深まって、地面が凍っている日も珍しくなくなってきました。冬到来ですね。

今日は、山形市の中心部の七日町から程近い湯殿山神社(旅篭町)について、書いていきたいと思います。まずはじめに。湯殿山神社は山形市のシンボルたる文翔館の隣に立っている神社です。(〒990-0047山形県山形市旅篭町三丁目4番6号)

入り口はこのように石畳が敷かれています。湯殿山神社 入り口

 

提灯が通路に添えてあって、なんとも赴き深い

湯殿山神社 通路

通路の突き当たりに鎮座しているのは願い牛くんです。03_yudonosanjinja_negaiusi3

撫でながらお願い事をすると、そのお願い事が叶うと言われています。

ちなみに筆者は子供の時には跨っていました

※良い子は真似しないでね☆

 

 

 

 

願い牛くんから、視線を左のほうに向けると・・・

 

でん!ででん!

本殿 正面

本殿があります。右側に写っているのは手を洗う場所です。                                                最近は、手水をしている方も増えてきているので嬉しいですね。日本の古き良き心、ここ(神社)にあり!と言った所でしょうか

ちなみに、正しい手水の作法としては

1.右手に柄杓を取り、左手を清める                                                             2.柄杓を左手に持ち替え、同様に右手を清める                                                     3.再び柄杓を右手に持ち替え、柄杓の水を左手に受け口をゆすぐ                                          ※この時、柄杓は直接口にはつけず、口をゆすいだ水は足元にある溝などに流します                               4.もう一度左手を清める                                                                    5.最後に柄杓を縦にして、残った水で柄をすすぎ、元の位置に戻す

綺麗な心と体で初詣をしたら、神様もどんなお願い事だって叶えてくれるような気がしますよね

お賽銭を投げて、おみくじを引いて、甘酒を飲んでお家に帰る。来年は、そんなゆっくりとしたお正月を過ごすのも悪くはないんじゃないですかね、私。

みなさんも、来年のお正月はゆっくり過ごすのもいいかもしれませんね

出口。ででん!

神社 出口

« »