そうだ、蔵王温泉で避暑しよう。
16 7月
9:44

西蔵王を越えて、蔵王温泉まで「逃げて」きました。

最近は梅雨らしい天気となり、時には大雨・時にはゲリラ豪雨と雨・雨・雨な毎日が続きましたね。こうも雨ばかりだとなんだか気怠い気持ちにもなりますが、今日は一転青空広がる気持ちのよい晴天となりました。しかし、晴れれば陽射しや暑さに負けそうになって、ついついエアコンのある部屋へと逃げてしまいたくなりますよね。そんな気持ちをぐっとこらえ、どうせ暑さから逃げるならばいっそ涼しいところへ行ってみよう!ということで、今日は蔵王温泉で避暑をしてきました。

 

 

 

夏の蔵王温泉街を、ただただぶらりと歩く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日は特にこれといった用事もなく、ほんの思いつきで蔵王温泉に来てしまいました。とりあえずカメラをぶら下げて蔵王温泉街をうろうろ・ぶらぶらしてみました。たまにお店に入ってみたり、たまに足湯に入ってみたり。陽射しあたるとちょっとばかりは汗が出ますが、それでもこのあたりの気温は25度。随分と快適に過ごすことができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

蔵王温泉街にはいくつもの足湯があり、多くが店先に設置された足湯のようでした。まるで私たちを「きてけろ~」と誘っているようで、ついつい足湯に浸かってしまいますね。そういえば昔、自転車で東北芸術工科大学から蔵王温泉まで登った折に足湯に浸かったら、足の疲れがたちまちとれて再びすいすいと漕いでいけたことを思い出します。そういえばこの日も、サイクリストが蔵王温泉街を駆け抜けていったような。

 

 

猫がいる喫茶店にも出会いました

さて先日、蔵王温泉名物・稲花餅をご紹介させていただきましたが、ご紹介しました「稲花餅の里」作っている喫茶さんべにも行ってきました。

ご想像できないかもしれませんが、この喫茶店で「稲花餅の里」を作っているそうです。そしてこのお店は猫の店員さんがいらっしゃるとのこと。お店の方曰く「部長」だそうで、お名前を「はな」と言うそうです。あらあら、それはご苦労様でございます。

 

ちなみに「はなちゃん」は夏場、日中のお仕事は主に「お昼寝」だそうで、店内にはいらっしゃいませんでした。筆者も度々、テレビや雑誌、フリーペーパーで「はなちゃん」が店内でお仕事されているところを拝見していましたのでちょっとばかり期待をしていたのですが、お昼寝中ということで、それはそれはお忙しいでしょう。お会いするのはまたの機会に。

 

私たちが会えなくて残念だねーと話していると、お店の方が「はなちゃん」のアルバムを持ってきてくれました。このアルバム、お店にきたお客さんが撮った写真をまとめたものだそうです。「はなちゃん」は大人気のようですね。私も「はなちゃん」を写真におさめてみたかったものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさて。こんな感じで蔵王温泉への避暑は終わりました。滞在時間はほんのわずかでしたが、夏の蔵王温泉は温泉だけでなく、トレッキングも楽しめます。みなさんも暑い夏から逃げるべく、蔵王温泉にいらしてはいかがでしょうか。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です