• Subcribe to Our RSS Feed

【100年の歴史にご馳走様!老舗そば店「羽前屋」に行ってきた!】

3月 17, 2019 by     No Comments    Posted under: 生活・ライフスタイル

おっっっっっっっ久しぶりです!

だーふくです。(元日以来の投稿なのはナイショの話…)

あんなに寒かった山形市も少しずつ暖かい日が多くなって春めいてきましたね。

春といえば、“出会いと別れの季節”なんてよく言われますが、だーふくも今まで使ってきたスマートフォンと出会いと別れってやつを体験してきましたよ!(機種変更ともいう。)

そんなおニューのスマホをいじっていると、おすすめの記事欄に『山形市の老舗そば店「羽前屋」が閉店』の文字が―

蕎麦好きのだーふくとしてこれは見逃せない!と興奮で震える手を抑えつつ記事を読んでみると、なんと今月いっぱいで閉店してしまうとのこと。

大正5年(1916年)の創業以来、3代にわたって手打ちそばや中華そばを提供し続けてきたこの羽前屋―

これは行くっきゃない!と、友人に車を出してもらい行ってきました。

(興奮気味に撮ったせいで左側の店名が切れてしまってるのは、これまたナイショの話…)

さすがは100年を超える歴史を持つだけあって、お店の外にまで行列ができていました。

それだけ多くの人たちに愛されてきたお店なんだなぁとしみじみ考えながら待つこと約20分。

席に通されてだーふくが頼んだのは…

「天ざる(1,300円)」

じゃーん!!見てください。とても美味しそうでしょう。

安心してください。とっっっっっても美味しかったです。

お蕎麦は歯切れがとてもよく、太さやつるつる加減がだーふく好みで美味しかったです。

そして何よりこの天ぷら!

しいたけ、なす、かぼちゃ、おくら、大葉、茗荷、海老、白身魚、そしてなんとブロッコリーまで!

衣はサクサク食感、でも中はふっくらと揚げられていて、一口食べるたびに口の中でスタンディングオーベーションが繰り広げられていました。

(一人暮らしだとめったに食べられない天ぷらなので、感動もひとしおなのです。)

最後に蕎麦湯を飲んで大満足でお店を出ようとすると、午後も遅い時間であるにも関わらずお店の外にはお客さんの行列が。

今回初めて羽前屋を訪れてお蕎麦を食べてみて、改めて本当に愛されてきたんだなぁと実感してお店を後にしました。

3月31日をもって閉店してしまう羽前屋。

だーふくのように閉店をきっかけにぜひ訪れてみてはいかがでしょうか!

————————————————————–

【住所】山形市旅篭町1

【電話】023-622-5702

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>