まちを歩けばオトがナル~オトナルヤマガタに行ってきました~

 

 

 

暑さが厳しくなるこの頃、皆さんどうお過ごしでしょうか。

相変わらず溶けそうなまつもです。

昨日、前回お知らせした「オトナルヤマガタ」というイベントに行ってきました!

 

名前の通り、まちを歩けばオトがナル時間でした。

入り口ともいえる『ほっとなる広場』から文翔館に向けて出発!

すぐ近くのオアゾブルーの前にオレンジの集団が…

オトナルスタッフの皆さんが声掛けを行っていました。

ん?でもオレンジ色じゃないシャツの人もいる…?

ひらめき…コンペティション?

実は彼女たち、オトナルヤマガタ実行委員会である東北芸術工科大学企画構想学科の3年生でした。

なにやら彼女たちもイベントを行うそうで、その告知をしているそうです。

YAMAGATAひらめきコンペティションについてはこちら

 

そして文翔館の方に進んでいくと何やら人だかりが…

あ!!!オトナルおじおじだ!

説明しよう、オトナルおじおじとは

第一回オトナルヤマガタで楽器初心者のおじおじが15日でギターをマスターしステージに立つ!という企画の主人公なのだ。

 

昨年よりギターが上手になっていたオトナルおじおじの応援もしたところでいざ文翔館へ!

 

文翔館へ進むこと3分…

次なる音が!

 

な…なんだこの小鳥のような歌声は……

歌声の正体は合唱団でした!

心が洗われるような綺麗なハーモニー

足を休めて聞いていたら、ん?後になにか…?

オトナルスタッフ!

合唱がより華やかになるように頑張っていました。

 

 

ふう…なかなか文翔館に辿りつけないぜ…

※まつもがオトを見つけるたびに止まるからです

しかしもう文翔館は目の前!さすがにもうオトはないはず!

 

そう思った矢先

何かカラフルなものが目に飛び込んできました

まさか…と思って横を向くと

東北芸術工科大学の学生がライブペイントを行っていました!

ライブペイントとは、絵を描く過程を見せるパフォーマンスアートです。

音楽に合わせて即興で描かれることも多いのです。

 

ライブペイントは完成するまで作品がどうなるなかわからないので、ついつい魅入ってしまいました。

 

 

沢山のオトに立ち止まってしまいましたが、ついに文翔館につきました!

門をくぐるとすぐ右手に黄色い物体が…

これは「オトナルフレーム」というもので、このフレームの中に入って写真が撮れるというものでした。

せっかくなのでまつもも写真を

文翔館と空がフレームの中に綺麗に収まった素敵な写真が撮れました!

 

そしてこのとき、文翔館では三浦コースケさんが歌を歌っていました。

三浦コースケさんは、第一回オトナルヤマガタでオトナルヤマガタのテーマソングとなる「オトガナル」を作詞作曲してくれたアーティストです!

ギター一本から様々なオトを生み出し、ギターをピアノや打楽器のように扱うパフォーマンスがとても印象に残ります。

 

フィナーレでは三浦コースケさんが演奏する「オトガナル」を会場のみんなで歌いました。

オトナルおじおじも参戦!

 

以上、オトナルヤマガタ´17でした。

 

 

当日は雨が心配されていましたが、オトナルヤマガタ実行委員会の皆の思いが届いたのか雨は降らず晴天に恵まれました。

まつも的にはもう少し涼しくても…と思うくらいの気温でしたが、気温に負けず中身もなかなかホットなイベントでした。

 

 

« »