【山形は映画立国!】フォーラム山形総支配人森合広さん【インタビュー】#1

山形県はよく「映画の街」だと呼ばれることがあります。ロケ地に選ばれるケースも多く、近年は映画を用いた地域おこしがあるのも「山形は映画の街」と呼ばれる由縁。しかし山形はいかにして映画の街なのでしょうか、実際に映画に携わっている方々にインタビューを行いました。

今回はその第一回。山形県民に愛される映画館「フォーラム山形」総支配人森合広さんにお話をお聞きしました。

様々なお話をお伺いし、盛り上がって踏み込んだお話になってしまったので、前後編2回に分けてお届けします

アイキャッチ

映画館で働く理由、病み付きになるワケ

やまがたごえん編集部(以下編):今回は取材を引き受けていただきありがとうございます。

森合広さん(以下森合):いえ、今日は答えられる限りお答えしますので何でも聞いてください

編:さっそく質問に入らせていただきますが、森合さんは何故映画館関係のお仕事にお付きになったのでしょうか

森合:学生の頃のアルバイトがきっかけでしたね。東京の大学に通っていたんですが、その頃から映画嫌いではなくて、ちょうどその時代は文化が盛んな頃でした。いろんなアルバイトを経験したんですが、映画館のアルバイトをしてた時は居酒屋、その他のアルバイトとは違ってあと何時間!と言うカウントダウンを感じなかったと言うことですね。

編:それだけ映画が好きだったと

森合:そういうことになりますね。映画館の中にいるのが好きだったのかなと、映画の制作者と、ディストリビューターという映画を配給する方と、我々劇場の…製作、流通、小売店と言う流れの中で小売店の立場として、作る楽しさももちろんあるんですけど、伝える楽しさと言うか、今映画はレンタルやスマートフォンで見れるんですけども、映画館でしか味わえないものってあるんですよね。例えば巻き戻し出来なかったり、一時停止できなかったり

編:ある種の緊張感が生まれると言うか、集中しますよね

森合:そうですね同じストーリーなんですけど集中できるんですよね。その他にも不特定多数のお客様と一緒になって見る。他のお客様の咳払いも含めて1つの映画なんじゃないかなと、いい方向にお悪い方向にも転がりますけど…うるさいおばちゃんいるなぁ、みたいな(笑)

編:確かにいい方向にも悪い意味にも転びますね(笑)

森合-でもそんなライブ感も、皆が感動の空気になったり、笑う空気になったり、1人で見るより感じることが倍増する。プラス作ったわけじゃないんですけど「面白かったよ」と実際に言われるのが嬉しいですね。映画って毎週新しい商品が入ってくるので、見方が変わると言うか、飽きなかったり、病み付きになるんですよね。

今と昔の映画事情、箱としての映画館

編-ちなみに学生時代、映画館のアルバイトではどんなことをやってらっしゃったんですか

森合-僕がアルバイトしてた頃は、まだシネコン(※1)というのが出始めた時期で、町中の映画館がまだ多くあったんですね。1つのスクリーンで流す作品が映画館の個性みたいな時代でしたね。映画館と言う”箱”の時代で、そこで上映している映画だったら見に行こうと言うような感じで…地方だと二本立てだったりポルノ映画館だったりありましたけど…今の学生さんが劇場に行くと言う感覚とはまた違う感覚の時代だったかなと…どんな質問でしたっけ(笑)

編-アルバイト時代の役職についてでしたね(笑)あ、でも先程お話ししていた今と昔の映画文化の違い、ニューシネマパラダイス(※2)みたいに自由な風潮の昔の映画館みたいな雰囲気と今の映画館の雰囲気の違いってどう思われてますか

森合-今はでもその、映画館と言うのは公共性があるようになりましたよね。昔は日本の映画館もニューシネマパラダイスのようにてんやわんやだった時期はありますね。僕がまだ子供の頃ですけど、立ち見だったり、通路に座って映画を見てたり…今みたいに入れ換え制ではなくて、途中から入ったりと言うのはよくありましたね

編-そのまま次を見たり…

森合-そんな感じですね。映画館と言うのは入場券だったので、1日いても大丈夫でしたね。朝からいて閉館までいる人とか、この人なにしてんだろうと(笑)

編-ある意味うらやましいですね

森合-今では法律とかありまして、立ち見はダメとか、タバコはダメとか、その他にもモラルとかが問題だったりしましたね。日本特有の「ガハハと笑っちゃいけない」みたいなモラルとか、この前はアナと雪の女王で「歌っていいよ」令とかあったり、音楽系の映画だと皆立って騒いだり歌っていいよみたな。でもほとんどの人はそういうのを嫌う傾向がありますけどね。ホントはしたいと若干は思うんですけど、たまに…と言う形になってしまいますね

IMG_1248

映画立国山形、感じるその理由

編-いつぐらいから山形に…

森合-3年ぐらい前からですね

編-それまでは山形とは全く関係なかったと

森合-全く関係なかったですね。イメージも生まれなかったと言うか。それでも思っていたのはドキュメンタリー映画祭(※3)ですとか、昔から映画に関しては県民性というか文化的側面なのかは分かりませんが高かったのかなぁと。今東北地方でもっとも映画環境が整っているのは山形県の山形市だと思います。よく言われるのは人口辺りのスクリーン数が全国一位だと

編-そうですね

森合-東京も映画館は多いんですけど、それは人口も多いからなのであって、1人辺りのスクリーン数が多いのはスゴいなと。その他にもドキュメンタリー映画祭ですとか、公民館で上映会をしたりとか、ウチでもそういう部門があるんですけど、地域に踏み込んだ映画活動って言うのは盛んですね。

編-(壁にあるポスターを指しながら)さっき気になったんですけど確かに上映会とかよく見ますね

森合-そうですね。各自治体、地域に踏み出していくような映画活動は盛んかなと。東北…いや東京、大阪に次ぐぐらい映画に触れ合う環境が多いかなと。隣の仙台より上映数は多かったりしますからね。答えになっていますかね(笑)

移住者として、山形と言う地域

編-大丈夫です(笑)やまがたごえんは移住者向けのサイトだったりするんですが、現在山形にお住みになっていますか

森合-3年前に山形の下条町に移住してますね。僕は地元が福島で、東京とはすぐ2時間で行き来できるので、意外と郷土愛がないと言うか、それとは違って山形の友人とかは必ず盆と正月は帰ると言うような郷土愛が強い方が多い気がしますね。それに山形は四季をすごく感じますし、美味しいものも多いですし、いい場所だと思います。でも結構山形に帰ってくると言う人は多いんじゃないですかね

編-そうですね。結構関東圏などから山形へ帰ってきたり移住してきたりと言う人は最近多くなっていると思います

(取材:やまがたごえん編集部 文:オバタ)


※1:1つの映画館に複数のスクリーンがあるシネマコンプレックスの略
※2:1988年公開のイタリア映画。停滞期であったイタリア映画がもう一度世界を熱狂させることになったキー作品である
※3:山形で隔年開催されているアジア初のドキュメンタリー映画祭

#2へ続きます

« »